色んなレッスンを受けても上達できない、
検定を何度受けても合格できない、
コブや小回り、急斜面が苦手で克服できない、、etc…。
そんなあなたに、関東の技術選スキーヤー、
榎本茂樹と奥村和正が、
長年研究してきたスキー上達のための
メソッドを惜しみなく伝授します。

コブが苦手なすべての方へ、コブ攻略への媚薬「シーソームーブメント」

2018.03.13 カテゴリ: SOSメソッド

早いもので3月も半ば。
 
三寒四温とは名ばかり、もはや七温な今日この頃ですね。
 
そんな「春」はスキー場にも着実にやってきています。
 
雪質は緩み、モサモサ、ペタペタ、シャバシャバ。。。
 
安定しない状況にネガティブな印象を抱える方も多いかと思います。
 
が!!そんな難しい春雪はスキー技術上達の最強の近道です!!
 
雪が上手く滑る方法を教えてくれる、、、そんなところでしょうか?
キマッた!!(どや顔)
 
こんな上達しかない状況、逃す手はありません!!
この時期にガンガン練習して効率的に上達しちゃいましょう!!
 
特に柔らかい春雪は恐怖心を和らげてくれるため、特にコブの練習に
挑みやすい環境です。
という事で、今回はコブが全然滑れない方に共通するポイントと
克服のためのヒントをお伝えしていきます。
 
ちなみにSOSスキーキャンプも今週末コブ集中キャンプを白馬さのさかスキー場にて
開催します!お申し込みはコチラ↓
 


 
コブが滑れない人の最大の特徴はコブのリズムの中で
ターンを合わせられない、つまり「スキーを動かせない」という事です。
言葉を変えると「スキーを動かせない場所に入ってしまう」といったところでしょうか。
 
ではスキーを動かせる場所とは?
 
それはズバリ腰の下(自分の真下)です!
 
コブが滑れない方で一番多いのはスタンスが広がってハの字に
なっているパターンです。
 
おそらく落下するのが怖くて外足を押し出して止めようとしているのだと
思いますが、これがコブが滑れない一番の原因です。
 
ハの字スタンスのように外足を腰の下から外すことで、
スキーの「角づけ」が強くなります。
 
なおさらコブの向こう側は削れているため急斜面と同じ状況。
ただ立っているだけでも斜面に対して角が立っている状況です。
そんな中で角を立てたら、エッジが噛みすぎてスキーは動かなくなり
暴走に繋がります。
 
これに追い打ちをかけるように、腰の下から出して角を立てたスキーは
すぐに切り替える事が出来ません。
ターンを切り替えるためには必ずスキーが腰の下に戻ってきてフラットになる必要が
あるからです。
 
外スキーを押し出す

角が立つ

スキーが噛んでブレーキが思うように効かない

スキーが腰の下に無いので切り替えにも時間がかかる

コブのリズムにターンや切り替えが間に合わない

タコ踊りみたいになる

爆死

スキー女子にモテない
 
という地獄的状況が生まれてしまうのです。
アーメン。
 
 
コブが不得意な方はハの字イメージは厳禁!!
 
 
スキーを腰の下から外さずに自由に回すことが出来れば
スキーを斜面に対して横に向けてスピードを制御する事もできるし
切り替えの動作もスムーズになってきます。
 
 
ここで非常に有効になってくる要素がSOSスキーメソッド其の参
「シーソームーブメント」
です。
 
これは以前ショートターンの解説でも紹介した要素ですが、
いわゆる「前後の動き」です。
 
前後の動きと言うとコブのウェーブ形状に合わせるような動きにも
なりますが、
 
コブが苦手な方が必要とする「スキーを回す動き」としても
非常に有効になります。
 
というのも斜面で向きを変える時には、絶対にこの前後の動きが
含まれている要素だからです。
 
直滑降をしている時はスキーのトップに対してテールは斜面の上にある状態です。
 
それに対してスキーを斜面の横に向けている時はトップとテールは同じ高さになります。
 
これはつまりテールが「下がった」事になります。
 
要はテールを斜面の低いところに落として行く事で
効率的に「捻り」や「回旋」を引き出す事に繋がるんですね。
 
またスキーが斜面に対して横を向いている状態から、
再び直滑降に入るためにはトップに重さをかけて
トップを坂の下に落としていく必要があります。 
 
この捻りを戻す動きが洗練されると、コブの中でもスキーと一緒に重心を
落とす動きになり、トップからターンに入る技術に進化して行きます。
 
 
コブが苦手な方はまずは「横滑り」を連続して行う中に
テールを低いところに運んだり、トップを坂の下に下げる
意識を持って練習してみましょう。
 
陸地で自由に動かせるようになればコブ攻略は目の前ですよ!!!
 
そんな「シーソームーブメント」を養うトレーニングをご紹介
 
■木の葉落とし


 
■木の葉落とし連続


 
■木の葉落とし連続~ターン


 
 
今週末のキャンプもガシガシとコブを練習しますので上達したい方は是非(^_^)

CAMP5最終奥義!「谷回りのあるコブの滑り」徹底伝授する悟りの二日間!!のお申し込みはコチラ↓


Archive