色んなレッスンを受けても上達できない、
検定を何度受けても合格できない、
コブや小回り、急斜面が苦手で克服できない、、etc…。
そんなあなたに、関東の技術選スキーヤー、
榎本茂樹と奥村和正が、
長年研究してきたスキー上達のための
メソッドを惜しみなく伝授します。

SOSスキーメソッド理論解説①「面への荷重」

2017.08.11 カテゴリ: SOSメソッド
SOSスキーキャンプブログをご覧いただきありがとうございます! SOSおっくんです!   本日から4つのSOSスキーメソッドの理論を解説していきます。   まずは4つの中でも一番重要と言っても過言ではない 「面への荷重」 について解説していきます。   ♦なぜ「面への荷重」が必要か 面への荷重とは、その名の通りスキーの滑走面方向に荷重をする事で 多くの方は横滑りなどで、この要素については理解が深いかと思います。   面への荷重をする事で、スキーには「たわみ」が生まれます。   プライズ検定におけるハイスピードターンでは、このたわみにより ターン弧を作り、切り替えに向かってたわみが解放されることで スキーの走りへと繋がっていき、当然これが評価へ直結する 要素となります。   しかし多くのスキーヤーは回転していく方向を意識しすぎあまり 面への荷重を疎かにして、身体だけをターン内側に運んでしまうことで バランスを崩したり、踏む方向を間違ってエッジ方向に荷重してしまい うまくたわみを引き出せずにターン弧をコントロールできなかったり しています。   また多くの方が悩みとして抱えている ・X脚 ・シェーレン ・内倒   これらはすべて、「面への荷重」ができていないことに 起因すると考えられるとともに、上記のようなバランスで滑ると 検定では基礎点にかなり響いてしまうため、   まずはこの「面への荷重」をしっかりと定着させていく事が プライズ検定攻略や1級以上の滑りをする上で非常に 大事な要素になってくるのです。   そのような事を踏まえ、動画をチェックしてみましょう!   それでは、VTR…     S.O.S !!!

Archive