色んなレッスンを受けても上達できない、
検定を何度受けても合格できない、
コブや小回り、急斜面が苦手で克服できない、、etc…。
そんなあなたに、関東の技術選スキーヤー、
榎本茂樹と奥村和正が、
長年研究してきたスキー上達のための
メソッドを惜しみなく伝授します。

それで、実際のところ「たわませる」ってどうやるの??

2018.02.23 カテゴリ: SOSメソッド

SOSスキーメソッドの一要素である
「面方向への荷重」
 
これは、ポジション的な意味合いも含みますが
スキーのたわみを引き出す事で、サイドカーブ以上の回転性能や
滑走性出すことで、キレやターンの深みと走りに繋がる要素にもなります。
 
 
その一番基本のトレーニングとしてプルークボーゲンや横滑りを
紹介していますが、なかなかここからたわみを生み出すイメージ
に繋がりづらいかと思います。
 
 
傾きの要素とも関わってくる部分ですが、今回は荷重という観点から
たわみをつくるトレーニングをご紹介します。
 
 
まずは、面方向への荷重を意識する上で最もベーシックなトレーニングである
プルークボーゲン&横滑りをご確認下さい。


 
これと比較して、ハの字スタンスでのたわみを使うトレーニング
から「たわみ」のイメージを紐解いていきましょう!
 
▶「たわみでターン(プルーク)」

 
※注意点
プルークボーゲンや横滑りのイメージのままではスキーに対しての
横移動が多き過ぎて実践的なターンのイメージにつながっていきません。
 
大きく横ズレを使うことで、面方向への荷重の意識を高めたら、
ここからはたわみを作りスキーの動きに回転性を出していきましょう。
 
大きく違うのは、ボーゲンのように、テールを大きく動かしてスキーの向きを変えるのではなく、
ある程度傾いたスキーの面に対して荷重を強めながら、
雪面に対しての「捉えを強め」ていく点です。
 
言い方を変えると雪に対して強く彫り込むイメージで押し、
結果として「雪の壁」を足下に作るイメージです。
 
ここで注意!雪面を彫り込むのですがスキーのエッジ方向に押すのでは無く、
あくまで面の方向に押すという点です。
 
エッジを押さえればもちろん角は強く立ちますが、たわみは発生しないのでこれでは本末転倒。
しっかりと「角が立った中での面」を意識するように心がけて下さい。
 
 
これを補足するポイントが3つあります。
 
1,内足も荷重感を持ち、腰の下に置く意識をもつ。
これはパラレルターンのイメージ繋がるという意味でとても重要な感覚なのですが、
外に押すからといって内足の荷重感をなくすように外に重心を寄せすぎてしまうと
外スキーは角付けが緩む方向に力が働き、ボーゲンや横滑りのような質になってしまいます。
 
もしくは、その重心の位置で角を立てようとすると外傾が強く出過ぎ
軸も外側に大きく外れているので、結果として角をたてる動きになりたわみが
発生しなかったりします。
 
 
2,膝を内旋させすぎない、腰の向きを止めない。
前者はとらえを強めようとし過ぎて膝が内側に向きすぎてしまうパターン。
角付けの動きになりたわみが生まれなかったり、スキーが動かなくなってしまうのは
ここまで読んでいただければもうお解りですね。
 
後者は、ボーゲンや横滑りにくらべ、たわみが生まれる事で
横ずれでは無くスキーはトップ方向に進みながら回転していきます。
いわゆる滑走性のいい質のターンになります。
そんなときに腰が外を向きすぎていると、
スキーの方向性とのズレが生じてポジションが崩れていってしまうのです。
 
 
3,ちょいハの字で構える
これは腰の向きともかぶってくる話ですが、スタートの時点でハの字が
キツすぎると、スキーに荷重した際にスキーの横方向の力がかかりすぎて
たわみや滑走性よりもズレやブレーキング要素が出過ぎてしまいます。
ようはたわませようとしてるのに、最初から腰を止めにかかっているような
ものですね。
 
 
これらのポイントを踏まえてたわみを引き出し
スキーの「回転性能」に乗ってターンをするイメージを
養っていきましょう。
  
 
慣れたらパラレルスタンス、そして持っている方は大回り用の
長いスキーでもチャレンジしてみて下さい。
 
▶「たわみでターン(パラレル)」

 
おっくんの滑りですが、右外足時の左内足が上手く使えずに
身体が回転方向に逃げてしまい
シェーレン&ローテーションからくる外足の角付け過多が起きています。
(お手本なのにスミマセン、、💦左外足ターンはしっかり乗れてます
その結果ターンの深さや後半の抜けみたいなのも確認してもらえれば幸いです)
 
この動きが洗練されれば、エッジングや弧の調整がかなり楽になり
結果としてポジションの洗練にも繋がります。
 
 
ボーゲンや横滑りを練習するのも大切ですが、
実際のターンにしっかりとつなげて練習することでより
要素としての理解も深まりますよ~👍
 
 
CAMP5『最終奥義!「谷回りのあるコブの滑り」徹底伝授する悟りの二日間!!』に申し込む↓↓↓


Archive